【運動療法で軽減】

運動不足は肥満を招き、生活習慣病の発病リスクと危険性を引き上げる恐れがあります。
適度な運動は、健康を維持する上で欠かせない対策であるといえます。
そして、運動で病気や疾患を改善する運動療法は、更年期障害にも効果を発揮するのです。
更年期障害のための運動療法を解説していきます。

更年期の為の運動療法

病気の性質に合わせた運動を行って症状の改善に努める運動療法は、医療行為としても充分な効果を持っています。運動療法を行なうことは、更年期障害の症状軽減にも効果を発揮します。どのような運動が更年期障害の軽減に役立つのでしょうか。

更年期障害への効果

更年期障害に対する運動療法で挙げられる効果は様々です。更年期に見られる精神不安定の解消や肥満防止、食欲不振の改善などが主な効果といえます。運動をすることは、ストレスの発散になり精神を和らげることに繋がります。身体を動かすことで、脂肪として蓄えられたエネルギーが消費され肥満の防止と食欲の向上に繋がります。つまり適切な形で運動療法を行なうことで、更年期障害の諸症状を緩和する運動の効果が現れるのです。

運動療法の選び方

運動療法には、ジョギングや水泳などの長時間行なうことを目的とする有酸素運動と、短距離走やウェイトトレーニングなどの短時間に全力を出すことを目的にする無酸素運動の二種類があります。有酸素運動は蓄積された脂肪分の消費に効果があり、無酸素運動は筋力の強化と基礎代謝量の向上に効果があります。更年期障害に対する運動療法の場合では、有酸素運動が主体となります。更年期障害は高齢の女性に多い為、骨や筋肉の衰えに合わせられる性質がある有酸素運動の方が効果的になるのです。無酸素運動を行う場合は、有酸素運動のサポートとして行うようにします。

効果的な運動内容

更年期障害に対しての運動療法は、無理をしないことを前提にしてメニューを組みます。特に更年期では骨粗しょう症などで骨が弱まっている場合があるので、疲労骨折の危険性が高まっています。そのため足腰に負荷が掛かりやすいジョギングよりもウォーキングの方がお勧めです。また、心肺能力の向上を見込める水泳も更年期障害に適した運動といえます。

老後を見据えた筋トレ

更年期を迎える40代から50代にかけての年齢は、老後を目前にした時期でもあります。老後は筋肉や骨の衰えが激しく、何も無いところで躓くことがあるほど歩行が難しくなってしまいます。特に腰の大腰筋の衰えは著しく、腰の曲がりや歩行困難の原因になってしまいます。つまり更年期障害に対する運動療法を行なうのであれば、同時に老後の為の筋トレを行っていくべきといえます。更年期に行うべき筋トレはスクワットなどの足腰の筋肉を鍛えるものがお勧めです。筋トレとウォーキングなどの有酸素運動で足腰に適度な負荷を掛けることは、骨の強度の維持にも効果があり骨粗しょう症の改善も期待できるのです。

上へ戻る