【更年期障害予防の為の食生活】

更年期は、更年期障害から来る病気や不安に左右されながら過ごすことになる人生の岐路といえます。
そして、心穏やかに老後を暮らす為にはどうしても乗り越えなければならない時期であるともいえます。
ここでは、更年期障害の症状を予防する為の食生活について紹介していきます。

更年期障害と食生活

更年期が近づいてくると、男女共に食欲が衰えたり脂っこい肉が食べられなくなったりというように、食べ物の嗜好や食べる量に変化が現れてきます。このような変化は、後の更年期障害において大きな影響を与えることになって行きます。更年期における食生活はどのようなものにしていけばいいのでしょうか?

更年期の食欲不振

更年期障害では、食欲不振が症状として現れることがあります。食欲不振は、体力の低下を招き病気に対する抵抗力の減少の原因となります。これに加えて加齢から来る食べ物の嗜好の変化によって、更年期に入ると充分な栄養を取ることが難しくなってしまうのです。このように、更年期に入ると食欲不振や食生活の変化は体調を左右する大きな問題に変化するのです。

更年期予防の食べ物

更年期障害は、女性ホルモンの分泌量が低下することで起こる疾患です。主な女性ホルモンであるエストロゲンは、肉や卵などから摂取出来るコレステロールを原料として身体の中で生成されていますが、更年期はエストロゲンを生成する卵巣の機能が衰えている最中なのでコレステロールを摂取しても、高脂血症を起こす可能性が高まるだけでエストロゲンの補充には何ら効果を見出せないということにもなりかねないのです。その為、食品から摂取できる女性ホルモンで更年期障害を予防していくことが重要になって行きます。

イソフラボンとは?

食品から摂取できる女性ホルモンとしては、豆腐や納豆などの大豆食品から摂取できるイソフラボンが挙げられます。イソフラボンは、植物性卵胞ホルモン様物質とも呼ばれ体内に入るとエストロゲンと同じ生理作用を起こす性質を持っています。つまり、イソフラボンは食品から摂取することが可能な女性ホルモンそのものといえます。また、イソフラボンは更年期障害の予防だけでなく、乳がん・子宮体がんの予防にも効果を発揮します。しかし、イソフラボンの過剰摂取はホルモンバランスを崩すことに繋がってしまうために注意が必要です。

何を食べてイソフラボンを摂取するべきか

更年期障害の予防に効果的なイソフラボンを摂取するには、マメ科の植物を原料とする食品を摂ることが重要です。マメ科の植物としては、豆腐や味噌・納豆の原料になる大豆、葛きりなどの原料となる葛があります。特に大豆は豊富なタンパク質とミネラル、髪を艶やかにして肌を綺麗にする大豆レシチンが含まれており、女性の美容にとっても非常に有意義な食材と言えます。しかし、イソフラボンの過剰摂取は乳がんなどの発病リスクを高める恐れがあるので、適量を心がけるべきでしょう。

上へ戻る

関連リンク