【高脂血症】

高脂血症とは、「血液に多量の脂肪が含まれている状態」になっているという生活習慣病の一種です。
高脂血症の発病に関わっているコレステロールの制限は、健康を維持する上で大きな役割を持っています。
ここでは、高脂血症と更年期障害派どのような関係を持ってイルカなどを解説していきます。

更年期障害と高脂血症

コレステロールは身体を構成する細胞を作る為に必要な物質ですが、血液中のコレステロールの量が過剰な状態になると病気の原因になってしまいます。このような血中のコレステロールの量が多い状態を高脂血症といいます。

高脂血症の原因

高脂血症の原因となるコレステロールには、善玉と悪玉の二種類があります。善玉コレステロールは、細胞壁の原料として欠かせない物質で副腎皮質ホルモンなどの材料にも使われる有益な物質です。悪玉コレステロールは、善玉コレステロールをリボ蛋白という物質で包んだもので血液を通しての運搬に適したコレステロールとなっています。しかし、悪玉コレステロールが善玉コレステロールとして消費されず、細胞内の活性酸素と結びつくと中性脂肪となり血液に放散されてしまいます。これが高脂血症の原因となるのです。

高脂血症の症状

高脂血症を発症することで発生する症状として、動脈硬化が挙げられます。血液中の脂肪分が血管内で固体になり、血管の内壁に蓄積されていくことで血流が阻害されてしまうのです。高脂血症自体には患者自身に自覚できる症状がないため、動脈硬化が発症して血流が阻害されることで起こる症状が出るまでわからないという厄介な性質があります。高脂血症から発展した動脈硬化は、脳梗塞などの脳血管障害や心筋梗塞などの虚血性心疾患の原因になる恐れがあります。肥満体型の場合、これらの病気に発展するリスクは増大する為非常に危険であるといえます。

更年期障害との関係

高脂血症には、遺伝などの先天的な原因によって発症する「原発性高脂血症」と生活習慣などの後天的な原意によって発症する「続発性高脂血症」があります。更年期障害から起こる高脂血症は後者の続発性高脂血症にあたります。更年期障害の原因となるホルモンバランスの乱れは、続発性高脂血症の原因内分泌の異常や代謝異常の原因となります。そのため、更年期障害を発症することは高脂血症の発症リスクを高めることに繋がるのです。

高脂血症の予防と治療

高脂血症は自覚症状が現れない性質を持っているため、予防が治療の上でも重要といえます。高脂血症の予防では、血液中の中性脂肪の蓄積が進みすぎないように心がけることが基本となります。毎日の適度な運動と食生活の見直しを行っていくことで中性脂肪を減少する効果が得られます。実際の高脂血症の治療でも、運動療法と食餌療法は重要な治療法として活用されています。運動療法や食餌療法以外の治療法としては、血中の悪玉コレステロールや中性脂肪を減少させる効果がある脂質降下剤を投与する薬物療法が活用されています。

上へ戻る