【骨粗しょう症】

老化現象によって身体の機能や強さが衰えていくのは一種の必然といえます。
骨が弱くなってしまう骨粗しょう症も、老化現象に伴う疾患の一つであると同時に更年期障害によって引き起こされることがある疾患でもあるのです。
ここでは、骨粗しょう症の特徴や更年期疾患との関係について解説していきます。

更年期障害からの骨粗しょう症

人間の身体を支える骨は、鉄骨に匹敵する強度を持っています。しかし、老化や病気によって骨の主要成分であるカルシウムが不足していくと骨の強度は著しく低下し、骨折しやすくなってしまいます。このような骨からカルシウムが抜けてしまう疾患を、骨粗しょう症といいます。

骨粗しょう症の症状

骨粗しょう症は骨からカルシウムが溶出していくことで穴が開いて、スカスカになってしまうという疾患です。骨粗しょう症を発症すると骨格の変形や歪み、骨折を起こしやすくなってしまいます。これらの症状により、歩行困難や運動能力の低下など生活に支障をきたしてしまうのが骨粗しょう症の最大の特徴といえます。

骨粗しょう症の原因

骨を形成している体内のカルシウムは、常に骨から血液への溶出と血液から骨への吸収を繰り返すことで骨の新陳代謝を行っています。しかし、カルシウムの吸収量よりも溶出量が上回ると、骨の強度低下が起こり骨粗しょう症を発生させるのです。骨粗しょう症を引き起こすカルシウム溶出の原因には二種類あります。

原発性骨粗しょう症

原発性骨粗しょう症は、老化現象などの加齢によって発症する骨粗しょう症が該当します。閉経によって発生する更年期障害も原発性骨粗しょう症の原因となり、骨の生成に関わる女性ホルモンの分泌が低下することが直接の発症原因となります。

続発性骨粗しょう症

続発性骨粗しょう症は、加齢以外の原因によって発症する骨粗しょう症です。主な原因としては、ホルモンを含む内分泌の疾患やステロイド剤の副作用などがあります。続発性骨粗しょう症はビタミン不足も原因となるため、若者でも発症するケースがあります。

骨粗しょう症の問題点

骨粗しょう症を発症すると、ちょっと転んだだけでも骨折してしまう危険性が高まってしまいます。それに加えて、老化による筋力の低下で筋肉が骨格を支えられなくなってしまいます。老人が腰を曲げて歩くことが多いのは、骨粗しょう症と筋力低下で重心のバランスが若い頃とまるで違ってしまっているのが原因なのです。

骨粗しょう症の治療

骨粗しょう症の治療は、骨からのカルシウムの流出を食い止めることに主眼を置いて行われます。実際の治療では薬物治療が主流となっていて、骨からカルシウムを溶出させる働きのある破骨細胞の活動を抑制させるビスフォスフォネート剤の投与や骨の成長を促進させるビタミンD・ビタミンKの投与が一般的です。
更年期障害を患っている女性の場合、女性ホルモンであり骨の形成に関わるエストロゲンの投与が行われますが、投与を続けると乳がんを発病するリスクが高まる副作用があります。

上へ戻る