【若年性更年期障害】

病気には子供の頃にしか起こらない病気や大人になってから起こる病気があります。
そして更年期障害も、閉経間近の40代以降にならないと起こらない病気ではなく40代になる前に起こる場合がある病気なのです。
ここでは、40代以前に起こる若年性更年期障害について解説していきます。

若くても起こる更年期障害

更年期障害が発生する更年期は、「閉経が起こる前後五年、平均的には40歳から55歳の間」と定義されています。しかし、更年期障害の原因となるホルモンバランスの乱れは更年期だけに起こるわけではありません。20代から30代の更年期以前の年齢の人が発症した更年期障害を、「若年性更年期障害」といいます。別の呼び方では「プレ更年期障害」「プチ更年期」などとも言います。

若年性更年期障害の原因

本来、40歳以前に更年期障害と同じ症状が出る場合は、「早発閉経」という若いうちから閉経が始まっている疾患が原因になっています。一般的に言われる若年性更年期障害の原因は、通常の更年期障害と同じくホルモンバランスの乱れによるものです。しかし、若年性更年期障害の場合は閉経によるホルモン分泌量の低下が起こっていない年齢の為、ストレスの蓄積などによってホルモンの分泌が阻害されて起こっているのです。女性に見られる若年性更年期障害の場合、不規則な生活習慣や過度のダイエットなどが原因となって発症することがあります。

若年性更年期障害の特徴

若年性更年期障害は、閉経とは無縁の若い年代に起こるため自覚症状の原因が、生理不順や単純な身体の不調と勘違いされやすいという特徴を持っています。つまり、「そのうち自然に治る」という消極的な考え方をしやすい疾患として見られがちなのです。実際の所、早発閉経が若年性更年期障害の原因になっているケースはごく少数ですが、一過性の症状だと油断して放置すると取り返しの付かない事態に発展することもあるので注意するべきといえます。

肉体面での症状

若年性更年期障害の症状で辛いのは、長期化する生理不順といえます。生理不順は不妊の原因にもなりやすいため、家庭内での問題の原因になってしまうこともあります。また、頭痛や腹痛などの諸症状によって生活のリズムが乱れるなどの影響を受けてしまうことも若年性更年期障害の悩みどころといえます。食欲不振や下痢などの消化器系の症状が現れている場合、脱水症状や拒食症に繋がる恐れがあるため一層の注意が必要といえます。

精神面での症状

精神面に出る若年性更年期障害の症状は、若い人に急増しているうつ病の原因になることがあります。更年期障害の原因となるホルモンバランスの乱れによって憂鬱感や不安感などが起こり、症状や生活などへの潜在的な不安が助長された結果、うつ病を併発してしまうのです。更年期障害ではこのような精神面での悪循環が起こりやすいため、患者へのメンタルケアも重要な更年期障害の治療の一環になっているのです。

上へ戻る